スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
死に方について
☆在るがまま・在りのままにツイテル・ラッキー・ありがとう☆

今日は、死に方について書いていきます。
私は、今40歳です。(氣は永遠の20です・・・笑)今日までに年老いた親戚が亡くなったり仲の良かった友人が若くして病気や突然死してしまうという人の死について深く見つめるという経験をしています。生きるということ死ぬということはどういうことなのか・・・?どういう死に方が自分にとって理想的でどんな死に方をしたいか・・・?私より先に死を迎えた人のエネルギーが教えてくれているような氣がします。

若くして病気で亡くなった方の苦しむ姿やその周りの方々の悲しみを見た時、私はその現象に魂の底から感謝しました。目の前に起こっている状況は感情では、まるで魂がヒキツケを起こしてるように悲しかったのですが、死について死に方について死後の世界そして生き方活かされ方を見つめ直すことを氣づかせてくれるこの現象にあえて感謝していまいた。「あなた達に、今世出逢えてよかった・・・」と・・・。

大切な人や仲の良い友人が先に亡くなってしまうのは感情的にはとっても悲しいことなのですが、起きてしまった現象にはとっても大切なメッセージが秘められてると感じます。「私は、死ぬまで何をしようか・どう、生きていこうか・先に亡くなった彼らは、私にどう生きて欲しいとメッセージをくれているのか・・・?」

また、現在生きている人からもメッセージを感じます。
私の母は、アルツハイマー・認知症・耄碌症いわゆるボケた状態です。歩きながら、オシッコやうんちを色んな所に漏らし漏らしている自分もわからない状態です。口からは、ありとあらゆる汚い言葉や人を非難攻撃する言葉が出てきます。どんな思想でどんな生き方をすれば人の精神と肉体が壊れてしまうのかということを母の人生を通して見せていただいてます。愛する事を拒否して愛を欲しがり人を思いどうりにいかない出来事を全て自分以外の人のせいにし続けて精神と肉体のバランスを完全に狂わせてしまった母に対しても心の奥底の深いところから感謝しています。私が活かされて行く上での重要なメッセージを伝えてくれてありがとう・・・。おかげ様で自分の本当の気持ちと本当の自分に氣がつきました。

短命や病気での壮絶死・事故死・争いや殺戮や戦争、そして老人福祉問題・・・。深く深く、愛ってなんだろう?

ひとりひとりの魂が我は、何の為に生まれてきて、どんな生き方を選んで、どんな死に方をすれば、自分も周りも幸せなのか・・・。と言う見方で感じていけば、問題は全て解決していくような氣がします。

マハーサマーディ

『あるヨギの自叙伝』(森北出版刊)のヨガナンダはロサンゼルスの駐米インド大使の晩餐会の終わりに「私は、今から死にます」と挨拶して三回まわって北を向いて瞑想し、そのまま肉体を離脱したそうです。ヒンドゥー教の僧侶やチベット密教の僧侶の間では頻繁にある死に方だそうです。日本でも西行法師や高僧の方々がマハーサマーディで亡くなって?(離脱)ます。アボリジニの方々もマハーサマーディで離脱されてるそうです。

日本でマハーサマーディの死に方を選ぶ方が増えてきたら今引起されている色々な問題は減少していくと思うのは私だけでしょうか?

只、マハーサマーディな死に方を選ぶまでに知るべき事を知ってシンプルな生き方を学んでいくことが必要のようです。

昔のブログにも紹介させていただきましたが参考にサンマーク文庫『宇宙の根っこに繋がる生き方』天外伺朗著を読まれると解りやすいと思います。

私は、何の為に此処に生まれる事を決めてきて今世はどんな生き方を選んでどんな活かされ方をしてどんな死に方を選びに来たんだろうか・・・。

人生のシナリヲは、本当は単純なのかもしれません。

さて、マハーサマーディについて興味のある方は、ヒーリングギャラリートートでシュアしましょう。気軽にお訪ね下さい♪

いついつまでも・どこでもどこまでも自分の活き方見つめる☆

ツイテル・ラッキー・ありがとう☆いつもニコニコ元氣☆
スポンサーサイト
【2007/04/03 17:49】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
<<エネルギーについて | ホーム | 最近、流行の精神世界(スピリチュアル)って何?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tohot.blog32.fc2.com/tb.php/24-b5d826cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
●イルカのヒーリングパワー
P105 ある日、博士が海をながめながら朝食をとっていると,一人の老婦人が博士に話しかけてきた。「イルカと泳げるなんて素敵ですね」彼女の声はけだるそうだ... イルカからのメッセージ【2007/04/05 05:02】
TOHOTと愉快な仲間たち



プロフィール

星本 流花

Author:星本 流花
日本の大企業の某オーナーさんや知的所有権著作権保有者の易の学院の大先生に、[かなりの変態]と言われています。変な人の変人ではなくて変態系宇宙人だそうです。ここ最近は、某会社の社長さん、有名スピリチュアリストにチャラチャラしたクルクルパーオッペケペーに認定されてます。こんなに面白い私をみんな愛してくれてありがとう~×3

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。